読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kew's Platz

コード進行/音楽理論について解説

【解説】アイドルマスターシンデレラガールズ OP「Star!!」コード進行解説

こんにちは!Kewです。

あけましておめでとうございます。

「新年だし何か新しいことを始めよう」と自分ができることを考えた結果こういう運びになったわけです。

 

今回解説する曲

 

さて、一発目はアイマスの「Star!!(シンデレラガールズの1stOP)です!

ちょっと時期が過ぎてますが、知ってる人はあれこれ振り返りながら聴いてみましょう。知らない人も一緒に聴いてみましょう。

ちなみに、僕の嫁は藍子ちゃんで、娘はたまちゃんです

 

www.youtube.com

 

めっちゃアイドルアニメのOP感あって大好きです。

作曲者は田中秀和さん、流石ですね!

早速見ていきましょう!

解説なしのコード進行だけをみたい方はこちらへ↓

kewsplatz.hatenablog.com

田中秀和さんは、アイマスだとM@GICやShine!!とか、ハナヤマタOPとか、最近だとあんハピや灼熱の卓球娘のOPを担当してる方です。

 

イントロ

以後簡単のために、すべてCメジャーに移調して書いていきます。

Original Key: E

SAY☆いっぱい〜(1小節目〜)

C | Bm7 E7 | Am | Gm7 Caug/F♯

運命のドア〜(5小節目〜)
F G/F | Em7 A7 | Dm7 | F/G

 1小節目Bm7 E7はその後のAmへのツーファイブですね。

ツーファイブ: 次の音をトニックIとみなして、その前にIIm7 V7が来た形。例えば、FへのツーファイブはGm→C7→Fになるし、AmへのツーファイブはBm7(♭5)→E7→Amになる。セカンダリードミナントツーファイブ化とも。

Bm7: 通常はダイアトニックコードのBm7(♭5)の形で、AmへのツーファイブBm7(♭5)→E7として出てくる。Bm7(♭5)は切ない感じ、Bm7だとちょっと浮遊感がある。

 

カノン進行をツーファイブ化して、C | Bm7(♭5) E7 | Am | Gm7 C | F 〜と行くのはアニソンだとお決まりのやつです。めちゃくちゃアニソンっぽくなりますw

今回は、4小節目Gm7 Caug/F♯という変化球で来ています。

このCaug/F♯は田中さんがよく使うコードで、これによりベースがG→F♯→Fとスムーズになっています。

Caug/F♯: FへのセカンダリードミントC7の代理。G→Caug/F♯→Fのように使うと、ベースが半音でスムーズに下がってくる。augにするのは、内声がソ→ソ♯→ラとこちらもスムーズにつながるから。

セカンダリードミナント: 次の音をトニックIとみなして、その前にV7が来た形。例えば、 FへのセカンダリードミナントはC7、AmへのセカンダリードミナントはE7になる。

 

 5小節目からは、王道進行(F→G→Em→Am)をちょこっとアレンジした形になっていますね。このG/Fの濁り具合とでも言うんでしょうか、個人的にすごく好きです。

6小節目A7から7小節目Dm7では、A7がセカンダリードミナントになっていて、Am7とするのに比べてちょっと明るくなっていますね。

G/F: 王道進行でGの代理として使われる他、Dm7→G→G/F→EmのようにGからEmへの経過和音として登場することが多い。

A7: Amに比べて明るさが際立つ。Dm7へのセカンダリードミナントとして使われることが多い。王道進行の最後がよくこれに置き換わったりする。

 

最後のF/G、とても綺麗ですね!

ベースがD→Gと動きつつ他の楽器がFを弾くと、Dm7→F/Gという形になるのです!

F/G: ドミナントのGを柔らかくした感じのコードと言えばいいでしょうか。僕はついうっかりドミナントを全部これにしちゃうマンです。Gsus4みたいに、F/G→Gと使うこともあるし、完全にGを置き換えてしまうこともあります。

 

(9小節目〜)

A♭/B♭ B/D♭ D/E | F/G A♭/B♭ | B♭/C | F

 

 サビのフレーズからイントロへのブリッジ部分です。

キタキタキタ!そうこなくっちゃという感じですね!!!

コードを見るとなんじゃこりゃという感じですが、原理は簡単です。

ちょっと分かりやすくしてみましょう。

Key: Eから短三度上行転調してくる→

F/G(Original Key: G)

→さらに短三度上行転調

F/G(Original Key: B♭)

→また短三度上行(ry

F/G(Original Key: D♭)

→もっと短三度(ry

F/G(Original Key: E)

→最後にもっかい短(ry

F/G(Original Key: G)

属調に転調→

C/D | G(Original Key: D)

→そのままKey: Dで次へ

F/Gっていうのはさっき出てきた、ドミナントのGの代わりに使えるコードです。

つまり、短三度転調を繰り返しながらその調のF/Gをつなげていってるわけですね。

通りですさまじい転調感があるわけですw

キー(調)はコードではなく主旋律(この場面ではストリングス)で決まるので、こんな面白いことができるわけです。

ちなみに1: こういう調性感の浮いたF/G(ベースに全音下のメジャーコードのっけた形)って、フュージョンコードって呼ばれていて、その界隈では結構頻繁に出てくるのです。

ちなみに2:  こういう転調は部分転調なので、調をとる時は単に、元のKey: Eからこの後のKey: Dに転調したっていうふうにみなします。もう少し細かく見るなら、元のKey: Eから短三度上のKey: Gに部分転調した感じを維持しつつ、その属調であるKey: Dに落ち着くっていう流れになります。

ちなみに3: 現に11小節目はベースがトニックではないにも関わらずトニック感があって、これは元のKey: Eに調性が支配されているためです(鳴っている音自体は、部分転調先のKey: Gのスケールです)。12小節目で完全にKey: Dに転調します。12小節目ストリングスの上行フレーズと共に安心感がやってきて、13小節目のイントロでドーンと安定します。

短三度上行転調: 調性上比較的近いため、転調先によく使われます。短三度上の調は、A♭やB♭を用いた部分転調(モーダルインターチェンジといいます)とも相性がいいです。主観イメージは「華やかさ」「高揚感」。

属調転調: 元の調から見て属音Vを主音とした調です。近親調(音が1個違うだけ)なので、転調先によく使われます。キーで言うと7つ上/5つ下。主観イメージは「堂々とした感じ」「緊張感」。

 

Original Key: D

(13小節目〜)

C | Bm7 E7 | Am | C7/G C

(17小節目〜)
F G | Em7 A7 | Dm7 | F/G A♭ B♭

 イントロの続きで、先ほどの転調でKey: Dになっています。

コードは最初のブロックと大体同じですね。

 

最後20小節目のA♭ B♭は、短三度上の調(E♭/Cm)への部分転調で、独特の浮遊感があります。これもアニソンだとお決まりではないでしょうか。

モーダルインターチェンジ: 短三度上の調(E♭/Cm)からコードを借りてくる手法です。A♭やB♭(たまにE♭やGmも)を借りてきて浮遊感を出したり、Fmを借りてきてセンチメンタルにしたりできます。

 

Aメロ

そっと鏡を〜(21小節目〜)
C | Caug | C6 | C7 F♯m7(♭5)

ちょっと〜(25小節目〜)
F | C/E | E♭dim | Dm7 G

C→Caug→C6→C7ベース維持でトップノートが半音づつ上がっていくクリシェと呼ばれる進行です。

このワクワクする感じがたまりませんね!

クリシェ: 上行系はC→Caug→C6→C7が最もよく出てくる。下行系は、Am→G♯aug→C/G→F♯m7(♭5)が最もよく出てくる。ラドミを維持したままベースを半音ずつ下げていく形。ベース維持だと、Am→AmM7→Am7→Am6と表記することもある。

augコード: ドミソ♯のようなコードで、非常に不安定なためドミナントの代わりに使ったりする。イメージは「幸福感」「気だるい感じ(使い方によっては)」。

 

F♯m7(♭5)Fへ行くときに前によく挟まれるコードですね。m7(♭5)系は独特な響きですが、上手くハマっているととても気持ち良いですね。

 

C/Eは、F→Em7→Dm7と行くようなところをスムーズにつなぐためにEm7の代わりとして使ったりします。

 

E♭dimは、C/E→E♭dim→Dm7のように全音移動の際に経過和音として使うことが多いです。

パッシングディミニッシュ: このような経過和音的なdimのこと。上記のような使い方や、G→G♯dim→AmやC→D♭dim→Dmのような使い方も多い。主観イメージは「くすんだ感じ」。

 

それから、コードとしては出てこないのですが一番最後の28小節目に注目です。

コードとしてはGなのですが、このタイミングで後ろで鳴っている上行フレーズはなんとGaugをなぞっているのです!!

augの幸福感、あるいはおどけた感じを感じ取れたでしょうか!

 

だってリハーサル〜(29小節目〜)

C | Caug | C6 | C7 F♯m7(♭5)

鼓動だけが〜(33小節目〜)

F | Em7 Am7 | Dm7 F/G | C C/B♭

Aメロの続きです。前のブロックとほぼ同じですね。

最後はC/B♭とベースだけ動いています。これは、次のブロックから短三度上に転調してA♭M7から始まる布石です。

 

Bメロ

Original Key: F

慣れないこの〜(37小節目〜)
FM7 | G G/F | Em7 | A7(♭9)

BメロはKey: Dから短三度上に転調してKey: Fになっています。

比例して僕のテンションも上がってきます。

38小節目のG/Fは、イントロに出てきたG/Fのもう1つの使い方です。

 

 必聴なのは、40小節目のA7(♭9)です!!!

本来Am7であるはずの箇所がA7になるというのは、すでにイントロで出てきました。

そのA7(ラド♯ミソ)にシ♭(♭9thテンション)が加わることで、明るさだけではなく哀愁を持った響きになっているのです!

G7(♭9): ドミナントG7を、ラ♭を付け足してG7(♭9)にすると一気に哀愁が漂う感じになる。この哀愁は、同じくラ♭を構成音に持つFmやDm7(♭5)のそれと近い。

A7(♭9): ドミナントG7をG7(♭9)に出来るのなら、DmへのセカンダリードミナントであるA7もA7(♭9)してしまっていいのだ。個人的に、このコードをポップスで初めて聴いたときは目から鱗でした。あまりにも自然に入ってるんだもの。

♭9thテンション: G7(♭9)などと書くと仰々しく見えるが、実はこれはDdim/Gと同じことである。♭9thテンションはdimのオンコードと知っておくと便利かもしれない。使ってみて!

 

誰か魔法を〜(41小節目〜)

 A♭ | A♭ | Gsus4 | G | C♯m7(♭5) | F♯

 Bメロの続きです。

僕だけに衝撃のA7(♭9)からベースが半音下がってモーダルインターチェンジ(短三度上からの借用)のA♭です。

このA♭の浮遊感すごい気持ち良いよね。

 

43・44小節目のGsus4→Gはちょっと聴きとりづらいですが、ピアノ以外のバックを聴くと分かります。

ここのピアノのフレーズも気持ち良いね。

sus4: Gsus4→GやCsus4→Cのようにタメとして使える。かなり使い勝手のいいノンダイアトニックコード。主観イメージは「爽やか」「格調高い(特にEsus4やAsus4)」

 

さて、一旦Gでダイアトニックコードに戻るわけですが、その後サビへ向けてKey: FからKey: Eへと半音下げる必要があります。

そこで田中さんがとった選択肢は、C♯m7(♭5)→F♯でした。

これは転調先のIIm7(♭5)→Vにあたります。

字面だとちょっと無理矢理感がありますが、聴いてみると綺麗につながっています。

これは、メロディの影響が大きいと考えられます。

半音下行転調の際、転調前後で共通音となるのはミ(転調後のファにあたる)かシ(転調後のドにあたる)しかありません

今回は、「ガラス靴に」の「」が(転調後はファ)になっていて、これを境として前後で調が変わるようになっているのです。

ちなみに: 1つのコードだけでは調は決まりませんが、そこにメロディがのると調が決まります。それがよく分かる例だと思います。もちろん、調が決まらないような曲も存在しますが...。

 

サビ〜アウトロ

 

Original Key: E

SAY☆いっぱい〜(47小節目〜)
C | Bm7 E7 | Am | Gm7 Caug

小さな一歩〜(51小節目〜)

F G/F | Em7 A7 | Dm7 | B♭ F/G

 いよいよサビです。先ほどのBメロ(Key: F)から半音下行転調の結果、Key: Eに戻って一番最初のサビと同じキーになりました。

ちなみに: ここまで最初からキーをおさらいすると、E(→G→B♭→D♭→E)G→D→F→Eという流れですね。

 

基本的には最初のサビと同じ進行です。

54小節目のB♭は、すでに出てきたA♭みたいな浮遊感を与えるやつの仲間だと思ってもらえればいいです。

 

星いっぱい〜(55小節目〜)

C | Bm7 E7 | Am G♯aug | C/G F♯m7(♭5)

運命のドア〜(59小節目〜)

F G | Em7 A7 | Dm7 | F/G

サビ後半です。ここも基本的には最初のサビと同じですね。

 

57・58小節目は、見た目がゴツいですが、ドとミを維持してベースをラから半音ずつ下げていくとこうなります。

こういう半音進行(クリシェ)はAメロでも出てきましたね。

こっちは切ない感じです。

 

A♭/B♭ B/D♭ D/E | F/G A♭/B♭ | C

 アウトロです。最後はアニメバージョンでコードをとってるので上の試聴動画とはちょっとだけ違います。

イントロとほとんど同じですが、一応詳しく調を確認してみましょう。

Key: Eから短三度上行転調してくる→

F/G(Original Key: G)

→さらに短三度上行転調

F/G(Original Key: B♭)

→また短三度上行(ry

F/G(Original Key: D♭)

→もっと短三度(ry

F/G(Original Key: E)

→最後にもっかい短(ry

F/G(Original Key: G)

短三度下に転調→

B♭/C | C(Original Key: E)

先ほどちらっと触れましたが、ここの転調は部分転調なので、 そのまま転調して別の調に行くこともできますし、元のKey: Eに戻ることもできるんですね。

短三度下行転調: 短三度上行転調と同様、比較的スムーズに行き来できます。主観イメージは「明るい」「暖かい」。

 

おわりに

解説は以上になります。

どうでしょうか、田中さんの知恵と愛情が詰まった1曲だったでしょう?

これからもこんな感じでのんびりと解説していこうと思います。

それでは、また次回お会いしましょう!